Bluetoothデータ転送モジュールの自動車検査OBD応用紹介

車のBluetooth OBDアプリケーションはハードウェア+ソフトウェアのサービスを採用しています。車両OBDインターフェースにハードウェアモジュールを挿入し、自動車検査アプリケーションをダウンロードして、車両の健康診断ができます。携帯端末や専門設備などのAPPソフトはBluetoothとOBDを通じてハードウエアの設備はつながっていて、自動車の燃料供給システム、潤滑システム、冷却システム、点火システム、起動システムと変速機システムを読み取ることができます。普通の車の所有者にもわかる「燃費管理」、「リアルタイムの車状況」、「走行記録」、「健康診断報告」などを作成し、車両のメンテナンス、遠隔診断の第一の資料を提供します。また、表示端末のインターネットシステムを通じて、車両の過去の状況をクラウドに保存してもいいです。車が故障した場合、APPは押して送る方式でユーザーに注意してもいいです。プッシュ通知でベースの車の「故障ランプ」が点灯する理由などを説明します。


1.Bluetoothが自動車をOBD方案の仕事で検査原理。


OBDシステムはエンジンの運行状況から随時に車の排気ガスが基準を超えるかどうかを監視し、基準を超えるとすぐに警告を発します。システムが故障した場合、故障(MIL)ランプまたはエンジン(Check Egine)警告ランプが点灯し、同時にパワーアセンブリ制御モジュール(PCM)は故障情報をメモリに保存し、一定のプログラムで故障コードをPCMから読み出すことができます。一方、自動車のBluetooth OBD方式はこれらの故障コードとデータをBluetoothモジュールを通じてディスプレイに送り、自動車の状況と問題分析データ資料を展示します。


2.OBDのハードウェア状況


OBD装置は、エンジン、触媒コンバータ、粒子トラップ、酸素センサ、排出制御システム、燃料システム、EGRなどの複数のシステムと部品を監視します。OBDは排出に関する各種の部品情報を通して、電気制御ユニット(ECU)に接続し、ECUは排出に関する障害を検出し分析する機能を備えています。OBDハードウェア設備は車内データインターフェースと接続できます。自動車の燃料、走行距離、エンジン情報などの計器ディスクのデータを読み出して、最後にBluetooth 4.0を通して自動車検出アダプタにデータを携帯/車コントロールホスト/雲鏡、リコーダーのAPPとその他の専門設備に表示します。ブルートゥースモジュールの典型:




このうちFSC-BT826B のBluetooth ダブルモードは古典Bluetooth SPPとBLEモードをサポートしています。互換性がよく、ブルートゥース5.0高速モジュールです。ブルートゥース5.0高速モジュールです。Android、アップルの携帯電話のスピードは一番速くて85 KB/Sに達することができます。価格性能比は高いです。


3.ブルートゥースOBDの機能作用紹介


1、車の持ち主に良い運転習慣を身につけるように手伝うことができます。高速起動、急ブレーキ、スピード違反は不良な運転方式で、データによると燃費は約33%増加します。表示システムは、ユーザーが上記のような状況になった時に警告の警告音を発し、ユーザーが良い運転をする習慣を養います。


2、車載システムにおけるエンジンアラームの対応コードにアクセスでき、具体的なアラーム原因を究明し報告します。そうすれば、車の所有者が小さな問題に対して自分で解決できるようになります。メンテナンスとメンテナンスについては、メンテナンススタッフに分析判断の基本的な根拠があります。


4.まとめ


BluetoothのOBDでの台頭と普通のユーザーが車の状況の測定にますます興味を持ち、自動車検査はより読みやすくなり、庶民化された後、ネットワーク化が実現され、情報資源がリアルタイムに把握され、ハードウェア資源が随便に共有され、ソフトウェア資源がいつでも共有されるようになります。ブルートゥースモジュールの安定性と伝送要求が高くなり、FCC-BT 826 B Realtek 8761ブルートゥースモジュールを選択することを提案しています。性能は安定しています。互換性がよく、価格性能も高いです。

Sitemap粤ICP备13025416号
ホーム
蓝牙模块_WiFi模块_蓝牙方案_蓝牙bLe mesh_深圳市飞易通科技
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号