無線ブルートゥースモジュールの通信距離はどうやって増加しますか?

多くのお客さんが無線モジュールを使ってテストすると、伝送距離が予想されていないことに気づきました。無線モジュールの通信距離に影響する要素がたくさんありますが、実際には自分も改善を試みることができます。以下のように、無線モジュールの通信距離に影響を与えるいくつかの点を挙げました。


1.アンテナ調整

無線通信システムの利得は無線モジュールの送信電力とアンテナの利得の和に等しいので、アンテナの利得は無線モジュールの伝送距離と大きく関係しています。モジュールとアンテナが一致する場合、アンテナの利得が高いほど、無線ブルートゥースモジュールの伝送距離は遠いんです。


通常、小さな吸盤の利得は約2.0 dBiであり、いくつかの良い屋外の大型アンテナの利得は約5 dBiに達することができます。小さい利得のアンテナで無線モジュールとデータ伝送を行う場合、効果が好ましくない場合は、より高い利得のアンテナを交換することができ、無線モジュールはより遠くに伝わります。


アンテナの方向性と取り付け方にも注意が必要で、できるだけアンテナを高くして、無線モジュールに接続されたアンテナを同じ水平面に平行に配置すると、無線信号の送信と受信の誘導面が一番大きく、送信と受信の電磁波信号強度が一番大きく、無線伝送の距離がより遠いんです。


2.伝送路

無線モジュールによる無線データ通信は、無線電磁波を介して空中で直線的に伝送されるため、障害物の遮蔽は無線伝送に大きな影響を及ぼし、特に金属物体の障害物は、無線伝送の信号を妨げるだけでなく、電磁波信号を吸収し、反射し、放射効率を低下させます。したがって、無線伝送の最大の障害物は金属、家屋、林、草むら、海の平面などのすべてのものが遮蔽の役割を果たすことができます。


3,送信機と受信機の調整

まず、アプリケーションシーンを考慮して、伝送が必要な距離を決定する必要があります。無線モジュールの電源増幅器(PA)と低雑音増幅器(LNA)があるかどうかを考慮して、より遠い距離に伝送する必要がある場合、遠距離の無線伝送は実現できません。


4.稼働頻度調整

無線チャネルは比較的混雑しています。特にISMバンドです。実際に通信装置を設置する過程では、局所電磁環境のスペクトル調査が可能であり、不要な干渉を回避するために、比較的「清潔」な周波数点を選択することができます。また、現地の法律法規を厳守して周波数計画を行う必要があります。関連おすすめ:CSR 8811遠距離ブルートゥースモジュール


通信距離は無線モジュールの総合指標であり、多くの条件、要因、パラメータに影響されます。一般に、無線トランシーバモジュールは、理想的な無線伝送効果を達成すべきであります。


1.前期の計画と選択をしっかりと行い、主に電源と使用する無線モジュールに対してです。


2.高アンテナの配置点またはオフセットアンテナの配置点を両端に架け、障害物の遮蔽を低減し、電磁波信号の減衰を低減し、無線信号の盲点を低減します。


3.送信側と受信側のアンテナは同じ水平面の平行状態に配置することを推奨します。


4.高利得を使用して、無線モジュールと一致し、ユーザのアプリケーションシーンのアンテナを同時にマッチングさせます。

Sitemap粤ICP备13025416号
ホーム
蓝牙模块_WiFi模块_蓝牙方案_蓝牙bLe mesh_深圳市飞易通科技
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号